旅行記全体のトップページタイトルロゴ

旅行記ページトップ写真ギルランダイオ最後の晩餐

もともと美術や建築を見て歩くのが好きで、国内でも自然と 同様にヤキモノや仏像、地方美術館をのぞいています。
イタリアツアー以前も海外ではたいてい美術館を訪ねることにしていました。それが04年に初めて
イタリアに行った時その美術にいたく感動してしまい、はまりました。美術や建築が変化して
いく過程が美と共に見ることができる中世からルネサンス、バロック期に惹かれます。

旅好きですがグルメやショッピングにそれほど興味はありませんし、旅行費用をかけられないので、コスト重視の旅
ばかりです。安い時期、チケット、ホテルもその時の目的に合わせて探します。なるべく公共交通を使って
歩いて見て回るのが基本の旅行スタイルです。街並み散策もバスや列車の待ち時間も
旅の楽しみです。PLANのための情報収集からが旅のスタートです。

イタリアは歴史の積み上がった旧市街地を選んで歩きます。地方都市でよくそれが現代にまでつながっています。
宗教美術と結びつきが強いので残っていると同時に、旧市街と生活を調和させているのも興味深い
ので。小さな街でも必ず教会と美術館はあります。英語もろくにできないので、
リスクを避けるためにも事前にできるだけ情報は仕入れます。このページ
ではイタリアツアー以降の旅の覚書をまとめています。

*下記の写真をクリックするとその旅の記録ページに行きます。

ローマ3への写真天井モザイク ボローニャ・フィレンツェへの写真サンタポリナーレ
ニューヨークへの写真モネ睡蓮部分
トルコへの写真アヤソフィア聖母モザイク
2010年9月
第3回ローマ
スポレート、モンテファルコ、アッシジ、ペルージャなどフラミニア街道方面とアッピア街道など今まで行かなかったローマ市内歩き。
2009年9月
ボローニャ・フィレンツェ
ラベンナ、フェッラーラ、ウルビーノ、ルッカ、コルトーナ、アレッツォ、ピストイアなどボローニャとフィレンツェを拠点に中部イタリアを横断する中世都市 の街歩き。
2009年1月
ニューヨーク
短期のマンハッタン島内の美術館めぐり。MOMA、MET、
ホイットニー、フリック、クロイスター美術館などとマンハッタンの地下鉄乗りこなし散歩。
2008年5月
トルコ
カッパドキア、エフェソス、ベルガマ、イスタンブールなど古代遺跡と中世美術、パムッカレ、ボスポラス海峡・ダーダネルス海峡クルーズなどのツアー。

シチリアへの写真ピアッツァアルメニーナ
ローマ2への写真アテネの学堂
ミラノ・ヴェネチアへの写真スクロヴェーニ
ロンドンへの写真大英博物館彫刻
2007 年10月
シチリア
シチリア島内のみのツアー。
古代遺跡とビザンチン美術、名勝地散策。
2007 年2月
第2回ローマ
ローマ市内のルネサンス美術鑑賞と街歩き、オルビエート散策。
2006 年5月
ミラノ・ヴェネチア
ミラノの美術館めぐり、パドヴァ散策、ベネチアの教会と美術館歩き。
2005 年5月
ロンドン
短期でのテートモダン、コートールド美術館、大英博物館など美術館めぐりと街歩き。

フィレンツェへの写真洗礼堂天井モザイク
イタリアツアーへの写真ミラノガレリア
2005年9月
フィレンツェ
ルネサンス発祥の旧市街地を徹底散歩、サンジミニャーノ散策。
2004年9月
イタリアツアー
初めてのイタリア。駆け足の大移動ツアー。


ホームへのボタン このページのトップへ戻るボタン

               Copyright © 2012/01/01 Allrights Reserved.

inserted by FC2 system