MONTEFALCO ・ NAPOLI ・ NOVARA


                                        

MONTEFALCO


■モンテファル コは、ウンブリア 州 ペルージャ 県のコムーネ   

           

■ここは、リ ツゥンノ川の渓谷の上流にあるマルターニ丘陵のなかの小山に築かれた城塞都市。都市 というほど旧市街は大きくない。城塞は周囲モンテファルコ写真1km少しで15分あれば一周できてしまう小さな集落といったところ。行く途中のバスの車窓からは丘陵地帯の風 景が広がる。美しい田園地帯だが、旧市街は小山の上にあるわりに周囲の木などで眺望はなかったのが残念。町はウンブリア族の時代からの起源があるが、古代ローマ、 ロンゴバルトなどの支配下にあった後、自由都市になり、さらにシニョーリア制となった。15世紀には教皇領となりイタリア統一まで続いた。見どころは、一 番高いところにある中心のコムーネ広場に集中している。






■特産・名産品        モンテファルコ・ロッソDOCワイン、よりタ ンニンのしっかりしたブドウ品種サグランティーノから作られるDOCG赤ワイ

                                     ンのセッコ(辛口)とパッシート(甘口)


■モンテファル コへのアクセス  @ローマ・テルミニ駅 →fs線 (R)→ フォリーニョ駅。 約2時間   

                       フォリーニョ駅前・バス SSIT社 → カポリーナ(バスターミナル) 約40分。

                      *カポリナ・バスターミナルから中心のコムーネ広場まで、階段と坂道を登り、約5分から10分。


             *モンテファルコへは、フォリーニョからバスかスポレートからバスになるが  SSIT社のバス時刻表が不明だったため、

                               フォリーニョのバスにした。

             *スポレートからのバスは1日4便、(平日のみ)、フォリーニョからのバスは1日6便(平日のみ)だったため。

               各種の資料ではコムーネ広場までミニバスあり、とあったが、わからずSSIT社の時刻表通りのバスでは、城塞の下側

                               のバスターミル、カポリーナまでしか行けなかった。


             *バス利用の場合、本数が少ないので注意。



見どころ
内容・特徴
休館日
期間
開場時間(午前
午後)
 入場料
 備考

コ ムーネ広場                                     
・Sマリアデプラテア教会

街の中心で一番 高いところにあり15世紀ごろの建物に囲まれている。広場から四方に下る道がある。広場には小さな教会と市庁舎がある。

 


 
   




 

旧 サンフランチェスコ教会

(市 立美術館)

教会自体は14 世紀の建物だが、現在は美術館として残っている。ウンブリア派の絵画で装飾されている。内陣に、ゴッツォリ「フランチェスコの生涯」のフレスコ、ペルジーノ 「キリスト降誕」など美しく残っている。

美術館スペース は近代の作家のものなど幅広い展示。


夏 季

冬 季

10301300

10301300

15001900

14001800

4€



サ ンタゴスティーノ教会 

13世紀に創 建、その後、拡張されたゴシック様式。単廊でウンブリア派のフレスコが残るが傷みが激しい。



900〜 

2000




サ ンタ・イルミナータ教

礼拝堂のような 単身廊の小さな教会。内部は鮮やかなマリアの生涯(らしい)フレスコが壁面を埋めている。



 



サ ンタ・キアラ教会

 


 

 

 

 

 



 

 




 









                                        

NAPOLI


■ナポリは、カ ンパーニャ州ナポリ州の州都。 ナポリ県のコムーネ。県都。


■港街ナポリは イタリア第3の大都市。長年にわたりイタリアの中で最大の国であった。第二次戦後の混乱期に人が海外に流出した。南部の貧しさと 安全度の低い街として名をはせている。ポンペイなど古代遺跡や近代までの観光名所を多く持ち、風光明媚でも有名。海岸線や港から周囲への丘陵地帯と変化に 富む地勢をもつ。


  紀元前7世紀にはギリシャ人がネオポリス(新しい街)として築いたが、その後、ローマ帝国の支配下に。当時から温暖な気候から避暑地として位置付けられ た。ゴート族、ビザンチンの支配を経て8世紀にナポリ公国として独立。イスラム、アラブとの対決のあとノルマン人のシチリア王国の一部となった。ノルマン 朝のあとアンジュー家の時代にナポリに首都を移しナポリ公国に戻った。アラゴン家の時代にルネサンス文化が展開。16世紀、スペインに敗れ属州となった が、 17世紀にはバロック様式が幅をきかせた。その後ナポレオン時代にはフランスの支配下に、ブルボン家に権力がもどり、19世紀末のイタリア統一にされる。


歴史ある街だけ に見どころ多数。 3ないし、4つ程度エリアを区分して見どころを分けて歩きたい。但し、治安の上で良くはなったというものの場所によっては安全とはいえ ない場所が多いので注意が必要。観光名所だけでなく地元のマーケット周辺もリスクあり。


*ナポリの両替手数料は非常に高い。クレディト・イタリアーノ銀行以外ならキャッシングのほうが安い。


■特産・名産品      ピッツァ、 スフォリアテッレ(焼き菓子)、パスティエラ(菓子)、レモンチェッロ、

               ティレバーロ(労働者用昼食だった下町の用パスタ)

         

  

■ナポリへのア クセス   @ ミラノ → ナポリ・カポディキーノ空港  約1時間20分 

                          空港 → バス(シャトル便アリバス、市バス)→中央駅 約20分

                                                        アリバス  30分間隔  3€

                                                        市バス   15分間隔  1€

                 Aローマ →( ES )→ ナポリ中央駅など  約1時間30分

                 Bローマ →( IC )→  ナポリ中央駅など  約1時間30分〜2時間20分

              

                 *ナポリ中央駅荷物預かり  fs線5番6番前 5時間 4€ 

                 *市内の交通   地下鉄、市バス、トラムもあり。

                             ケーブルカー  4線。うち3線がヴォメロの丘方面に。7:00〜22:00運行

                 *市内観光バス (3コース、24時間乗り降り自由。始発地、10、12、14、16、20時 発車)20€

■港は2つ。

  @王宮など に近い港=ヘヴェレッロ港  ⇒  中央駅からバスR2→ムニチーヴィオ広場  下車 

   (カプリ島マリーナグランデ港へはこの港から)
                          徒歩
or トラム1番で

  Aメリジェ リーナ港              ⇒  中央駅から地下鉄、Mergellina下車。


■ポンペイなど は、中央駅からのFSでなく、私鉄ヴェスーヴィオ周遊鉄道Circumvesvianaで、ソレ

 ント行き。

◆Campani =aartecard カンパーニャアルテカード 使い方で非常に安い。観光名所、美術館、遺跡など主要な所はほぼ

                カバーしている。 空港、駅で販売。

                 3日券 25€。最初の2か所は無料、その他は半額に。対象外のところも1割引き。公共交通も無料。

                 7日券 28€。すべて無料。交通機関は無料にならない。

                 ブックショップでも割引あり。

                 対象になっていないところでも割引になるところがあり、チケット売り場でサービスを受けられるか

                確認を。

◆アクセス・メモ

■国立考古学博 物館へのアクセス     @中央駅から地下鉄2号→ Cavour駅下車

                            A        バス201番 →Cavourバス停下車

                            Bダンテ広場から100m。坂道を登る。

■国立カポディ モンテ美術館へのアクセス  

                            @国立考古学博物館そばのCavourバス停から バス137番、160番、178番

                             で                               Mianoバス停 下車

                            A国立考古学博物館 脇のムゼオ広場 のバスLC版 はカポディモンティ美術館

                             行きでわかりやすい。


■ナポリ・ソッ テラネア = 地下都市、ネアポリス観光   TEL  081-400256? 081-296944

                            @見学は英、伊のガイド付き 10€   1時間30分から2時間

                            A月〜日 1200 1400 1600 

                              土日・祝 はプラス 1000 、1800  (*日本語 ガイドは入場料込14€・前日

                             までに予約必)

                            Bガエターノ広場 に入口あり。
ナポリのスーパー

   ・駅前な ら、対面(UNAホテル並び)の広場北、角のホットドッグ屋の横に小さいのが。
   ・スパッカには、ジェスヌーボー広場より手前の右側(
aldi)。
   ・ベヴェッロ港近くでは、サンフェリチェ通りのマクドナルドの対面(
cafe高級店)。
   ・ダンテ広場の南からモンテサント駅へ曲がった最初の角の右側(
supero)。
   ・サンタルチア通りのオイロップカー対面(
supero)。
   ・山の上はヴァンヴィッテリ広場から東へ上がった交差点の右側(
GS大型店)。

   ・カル フール(ナポリ・モルゲレ店)他にもありそう。

    フニコ ラーレ(チェントラーレ線の終点フーガ駅からサンテルモ城に歩いていく途中にも。

◆市場

@ アンティニャーノ(ボメロ地区)
  住所:
Piazza degli Artistiから、Piazza delle medaglie d'oroの間
  行き方:地下鉄
Medaglie d'oro駅より徒歩5
  営業:月〜土 朝
10:00頃から13:30頃まで
  商品:靴、服、家庭生活雑貨、化粧品、古着、果物、野菜、乾物、食品他
  注 :
Piazza degli Artisti広場をはさんで 反対側Via A.Massimoは生鮮食品の み。


A ピニアセッカ(モンテサント地区)
   住所:Piazza degli Artistiから、Piazza delle medaglie d'oroの間
  行き方:地 下鉄Monte Santo駅よりまたは、Piazza Caritaから延びるVia PigniaSecca沿いにあり。
  営業:月〜 土 朝10:00頃から13:30頃まで
  商品:果 物、野菜、魚、乾物、食品他
  注 :持ち物、カメラ等ちょっと注意が必要。リスクあり。

B ヴィルジリアーノ公園(ポジリポ地区)
   住所:Parco VirgilianoまでのViale Virgiglio
  行き方:BUSにて、ヴォメロ 地区からC31メルジェッリー ナから140などが近くを通 る。
  営業:毎週 (木)のみ 朝10:00頃から13:30頃まで
  商品:  靴、服、家庭雑貨、化粧品、古着 比較的高級品が多し

C ポッジョレアーレ(駅周辺地区)
   住所:駅近くの刑務所Poggioreale前の道、Nuova Poggioreale途中下車。
  行き方:駅 からTram 1 Pogioreale行きにて、刑務 所過ぎて3〜4つめINAILビル近く、下車 徒歩5分。
  営業:金〜 月のみ 朝10:00頃から13:00頃まで
  商品:  靴、服、家庭雑貨、化粧品、靴の種類は豊富。


見どころ
内容・特 徴
休館日
期間
開場時間 (午前
午後)
  入場料
 備考
1

ドォーモ

(以下、ドォー モ内)


サンジェローナ 礼拝堂



サンレスティ トゥータ教会



ローマ地下遺構

聖ジェンナーロの奇祭で有名。5世紀の教会の跡に14世紀に創建。ジョルダーノの天井画「聖人」、中央祭壇にブラッチ「聖母被昇天」、入口右側にジェン ナーロ礼拝堂。

 

左翼廊から降り た地下に最初の教会。その右廊 奥に古い洗礼堂とフレスコ。


中央祭壇左から 下る

平日

日祭


平日

日祭


平日

日祭


平日

日祭

8001200

8001330


900

900


9001230

9301200


8001200

9301200

16301900 

17001930


1830

1900


16301900



16301900








3€


2

ジロラミーニ教 会





絵画館 


ファサードで有 名な17世紀のオラトリオ修道会の一部。トスカーナの古典主義をモデルに。

ルカ・ジョル ダーノの作品で装飾。


17,18世紀 の絵画


9001230






ドォーモ向いに 入口
3

サンロレン ツォ・マジョーレ教会

(中世・考古学 博物館も)



ギリシャ・ロー マ地下遺構

6世紀に最初の 教会、次に13世紀アンジュー家のもとで建築。主祭壇にジョバンニダノーラ「聖人像」


隣の回廊の奥か ら下に下る階段。

ナポリ最古。


平日


平日

900

9301330


900

9301330

1700



1730




4€


4

サンパオロ・マ ジョーレ教会

階段の上に建 つ、ローマ時代のディオスクロイ神殿の円柱を利用し、8世紀に創建。右側階段からクリプタへ。


平日

900

9001300

1900

2€


5

ブルガトリオ・ アダルコ

(サンタマリア デッレアニメ教会)

17世紀の死者 信仰の教会。

骸骨を飾る。地 下埋葬所も。


平日

9001300

9001400




6

ジェズ・ヌォー ボ教会

サンセヴェリノ 宮を16世紀にイエズス会の教会に。ルネサンスとバロックがはめ込まれたファサード。

ソリメーナ「追 放されるヘリオドス」など華麗な装飾



6451300

16001930



7

サンタキアーラ 教会



キオストロ

14世紀プリマ ルドの設計で建設、18世紀にバロック装飾で改修されたが戦争で破壊。その後ゴシックで再建。

クラリッセのキ オストロは教会を出て裏手に。マヨルカの装飾が美しい。



平日

日祭

9001300


930

9301400

14301730


1830 



8

サンタマリア・ ドンナ・レジーナ教会 

ドォーモの北 側。バロック様式。カマイーノの彫刻、カヴァリーニが14世紀に活動した教会。「最後の審判」などフレスコなどが残る







9

サンドメニコ・ マッジョーレ教会

13世紀ゴシッ ク様式で建築、17世紀にバロックで改装。19世紀にネオ・ゴシックで再改装。

クロシフィッソ 礼拝堂に十字架像。

後陣の外観形状 がユニークで知られる。 


平日

日祭

8301200

8301200


1700190


10

サンセヴェーロ 礼拝堂

サンセヴェーロ 公の一族の礼拝堂。美術作品の美術館ともなっている。主祭壇にチェレブラーノ「キリスト降下」。コッラディーニ「謙譲」「ヴェールに包まれたキリスト」が 有名。

地下クリプタに 解剖室。

平 日

1000

10001300 

1730

6€


11

サングレゴリオ アルメーノ教会

8世紀創建のビ ザンチン女子修道院が基礎となった教会。16世紀の豪華なバロック様式で装飾。鐘楼の下からキオストロに出られる。 


火のみ公開

9301200


6€


12

ベッリ−ニ広場

周囲に中世の館 が並ぶ。カフェ、バール多く、ベッリーニ記念碑の下に古代都市ネアポリスへの掘削穴







13

ニーロ像

擬人像。ナイル河のイタ リア語。

サンセヴェーロ 礼拝堂そばの角に。






14

ダンテ広場

(アルバ門) 

16世紀に市場があった。ヴァンビテッリ設計の広場。中央のダンテ像は19世紀におかれた。アーチのあるアルバ門は17世紀の建築。







15

国立考古学博物 館

16世紀兵舎の ストゥディ館を18世紀に美術館にした。ブルボン家のコレクションがベースに。ポンペイ、エルコラーノからのものとファルネーゼコレクション(ギリシャ・ ローマ)の彫刻など。2階のヴェスヴィーオ絵画部門の質の高さは有名。

秘密の小部屋は 別に窓口で申し込み。ガイド付き無料。

火 


900

1930

.5€


16

サンタンジェ ロ・ア・ニーロ教会(ブランカッチョ礼拝堂)

サンドメニコ・ マジョーレ教会の向いにある。14世紀創建、18世紀に改修。15世紀ドナテッロ、ミケロッツォ制作のリナルドの墓。







17

ミゼリコルディ ア聖堂

カラヴァッジョ 「7つの行い」







18

国立カポディモ ンティ美術館

カポディモン ティの丘の広大な美術館。ファルネーゼコレクションを中心にナポリ絵画、各教会から集めた祭壇画で有名。陶磁器コレクションも。

2 階はイタリア絵画の潮流がわかる展示。ティチアーノ「司教、ファルネーゼの肖像」「ダナエ」「ヴィーナス」、ラファエロ「パオロ3世」、マザッチョ「磔刑 図」、ミケランジェロ「戦士」、ベリーニ「キリストの変容」ロット、グレコ、パルミジャーノ「アンテナ」、ブリューゲル「盲者の寓話」、カラッチ「聖カタ リナの結婚」、など。

3階はナポリ絵 画。シモーネマルティニ「聖ルイ」、カラヴァッジョ「キリスト鞭刑」、ブレーティ「聖セバスティアヌス」、ジョルダーノ「天蓋の聖母」など見逃せない作 品多数。


830

1930 

7.5€


19

サンジェンナー ロのカタコンベ 

サンジェンナー ロ教会の地下。2世紀ごろの創設。地下聖堂に3世紀〜10世紀のキリスト教の壁画、モザイク。


ガイド付きツ アー

90010001100,1200


5€


20

ヌォーヴォ城

(市立美術館含 む)

アンジュー家の 居城の卵城が遠かったため13世紀に建設。災害などで破壊され15世紀に現在の形に。アルフォンソ凱旋門、5本の塔。

14世紀のフレ スコなどのあるパラティーノ礼拝堂を含む美術館がある。

日祭 

平日

900

1900

5€


21

サンカルロ劇場

ミラノ、ローマ に並ぶ3大歌劇場の一つ。 



900〜 

公演のない日に ガイド付きツアーのみ

 〜1800

5€


22

ウンベルト1世 のガレリア

19世紀に建築 されたアーケード





23

王宮 

(王宮歴史的住 居博物館)

スペイン王のた めに17世紀、フォンターナが設計。18世紀にブルボンの王宮にヴァンヴィテッリが拡張。現在、博物館として18世紀の豪華な装飾を見られる。 

水 


900

1900

4€


24

プレビシート広 場

カノーヴァの フェルディナンド1世の騎馬像。 







25

サンフランチェ スコディパオラ聖堂

新古典様式。パ ンテオンに似ている。


平日

8301200

8001300

15301800



26

サンタルチア通 り 

港、ヴェスヴィ オ山を望む眺望のよいプロムナード 







27

卵城

城 の基礎にうめた卵が壊れると街と城が滅ぶ、という伝説に由来。12世紀ノルマン王により建築、13世紀にアンジュー家の居城に。

5/1


830

1800 

無料


28

サンテルモ城

ヴォメロの丘の 頂上にたつ星形の要塞。14世紀に基礎、16世紀にトレド総督が築城。ナポリ湾の眺望NO.1。


900

1830

3€


29

国立「サンマル ティーノ美術館(旧修道院)

ヴォメロの丘に 建つ。17世紀ナポリバロック様式の代表建築。絵画・彫刻もあるが、プレゼービオの工芸のコレクションを展示。テラスからの眺望良い。 


900

1830

6€


















































                                        

NOVARA


■ノヴァーラは、ピエモンテャ州ノヴァーラ県のコムーネ。県都。 



■ この街は、古代ローマによって作られた街が起源。ロンゴバルド族の支配下で公国となった。その後、ミラノの支配下に入り、16世紀にはヴィスコンティ、ス フォルツァの封土となった。その後も様々な国の支配下に入った。旧市街は、現在の歴史地区と呼ばれる地域で、円形の城塞にかこまれていた。壁が取り払われ た後がヴァルアルディ大通りという道になっている。

ミラノから西へ50km。ロンバルディアとピエモンテの州境にあるので両方の文化が交わっている雰囲気あり。


■名産・特産品  ゴルゴンゾーラ、米


          

  

■ノヴァーラへのアクセス   @ ミラノ  fs線 → (R)→ ノヴァーラ   約40分〜60分

          


見どころ
内容・特徴
休館日
期間
開場時間(午前
午後)
 入場料
 備考
1

サン・ガウデンツィオ教会

ティバルディ設計で17世紀建築。ラテン十字、単身廊。モラッツォーネ「最後の審判」、ダ・ヴァラッロ「センナケリブの敗戦」、フェッラーリ「多翼祭壇画」。アントネッリの塔(クープラ121m)ユニーク。







2

大聖堂




・サンシーロの祈祷堂



・洗礼堂

12世紀のロマネスクの教会を19世紀に新古典様式で改築。14世紀の木彫の「十字架像」、フェッラーリ「聖カタリナの神秘の結婚」。

右廊の聖具室を抜けると「サンシーロの祈祷堂」。そこに12世紀ロマネスクの壁画。


八角形プランの洗礼堂は5世紀の創建。





































ホームへもどるボタン 旧市街の頁トップへもどるボタン 上へもどるボタン 前頁へもどるボタン 次のページへのボタン

              Copyright © 2012/01/01 Allrights Reserved.

inserted by FC2 system